ホーム > ピックアップアイテム > プロモキャノピーテント5/7

ピックアップアイテム

テントをさらに効率よく使う! キャノピーテント活用術

テントとタープを上手に使うことで、キャンプがより快適なものになります。これは「はじめてのテント選び」でもお話させていただいたことです。しかし、デイキャンプや少人数でのキャンプでは、持ち込む道具を最小限に減らしたいという方も大勢いらっしゃいますよね。そこで注目していただきたいのが、タープとしても活用できるフライシートと、使い勝手の良いドームテントを組み合わせた「キャノピーテント」です。

この形状のテントなら、フライシートを立てることにより、日よけ、雨よけの空間を簡単に作ることができます。小型のテーブルとイスを置けば、すぐに快適なキャンプが楽しめるのです。


テントのメインストリーム プロモキャノピーテント5/プロモキャノピーテント7

キャンパーズコレクションでは、フレームをクロスさせて自立する構造を持つドームテントに、前室とフライシートをプラスした「プロモキャノピーテントシリーズ」をラインアップに加えています。

組み立てが容易で、十分な強度を持つドームテントの構造上の特長に加え、機能がプラスされるので使い方の幅が一気に広がります。前室は荷物置きに、フライシートを立ててタープ替わりに、キャンプに必須の居住空間とくつろげる空間がこれひとつで賄えるのです。

「プロモキャノピーテント5」は、幅275×奥行435×高さ165cmの空間を持つアイテムで、大人5名が余裕で過ごせるタイプです。フライシートは、幅160×長さ110cmあり、これに加えて前室が設けられているので、小〜中型のテーブルなら十分置けるスペースが作れます。小さなお子さま2名と、ご夫婦という家族キャンプでしたら、就寝や着替えはテント内、食事や休憩はフライシートの下でといった使い方が可能です。

また、より大型の「プロモキャノピーテント7」は、幅300×奥行465×高さ180cmという国内市場で最大級の空間が得られるテントです。大人7名が余裕で就寝できる圧倒的なスペースは、キャンプに慣れてくるほど魅力を感じていただけるはずです。フライシートは幅200×長さ1250cmとより広いものが採用されているうえ、前室も同様に広めに設定されています。中〜大型のテーブルが設置可能なので、ゆったりくつろぎたい方や、大勢でキャンプを楽しみたい方にぴったりのアイテムです。


キャノピーテントの快適度を画像でチェック!

フライシートを上げたときに作られる空間と前室のスペースを使うことで、テーブルが楽にセットできます。前室をカバーする左右のシートは開閉できるので、欲しい開放感に合わせて調節することが可能です。


このスペースには大人3名でも十分にフライシートの下に入れるので、タープ代わりとして十分活用していただけるはずです。ただし、強い風雨やスペースから人があふれてしまうような大人数では、少し手狭に感じると思います。そうした場合は、やはりタープと組み合わせて上手にスペースを分割するのも快適度を向上させるコツですよ。


背面からも出入り可能

フライシート側にテーブルを置くと、テント内からの出入りはやや制限されてしまいます。そんんあときに便利なのが両面に設けられた出入り口です。フライシートしたでくつろいでいる人の邪魔にならないように外出したり、昼寝のためにテントに入ったり、自由にテントを活用できるのでとても快適です。また、背面の出口部分のアウターはぴったり閉じることができるので、プライバシーを守るのに効果的。開閉は内部からでも行えるので、不便さは一切ありません。


高強度スチールフレーム

大人5人がゆったりと寝られる「プロモキャノピーテント5」には、大人気のBEカラーに加え、ブラックのワンポイントが精悍なイメージを作る「BK」と、グリーンのワンポイントが目に優しい「GR」がニューラインアップ。3色のカラーから好みに合わせてお選びいただけるようになりました。

プロモーションシリーズの詳細はこちら

前へ  1  2  次へ