ホーム > ピックアップアイテム > カンタンタープ

ピックアップアイテム

カンタンタープ 国内売上No.1の理由

今年からキャンパーズコレクションのラインアップに登場した「カンタンタープ」。すでにご存じの方も大勢いらっしゃると思いますが、"タープといえば、カンタンタープ"と言われるぐらい超メジャーなアイテムなのです。

ワンタッチのタープにおいて国内販売実績で売上No.1! その人気の秘密は膨大な販売実績からの改善を繰り返してきた開発へのこだわりにあります。似ている製品は数あれど、じっくり見ると、大きく違う。カンタンタープの魅力を、たっぷりとご紹介します。

オリジナル開発で優れた耐久性を実現

ワンタッチ式タープには、様々な製品がありますが、カンタンタープは、米国オリジナル開発者の思想と技術を受け継ぎ、日本の環境にマッチするよう改良を重ねてきました。現在、その完成度は熟成の領域に達し、多くのユーザーに"信頼できる製品"という認識を持ってもらうようになっています。

国内販売数で100万張りを突破するなど、ブランドとしてもNo.1に輝いた理由は、各部に施されたこだわりの機能と、高い耐久性にあるのです。


こだわりポイント!簡単な組み立てを可能にした高強度フレーム

カンタンタープが、ワンタッチ式タープの中でも特に優れている点は、高い強度を持つフレーム構造にあります。スピーディーで誰もが組み立てられますが、それだけではタープが持つ本来の役割を果たせません。フレームを挟み込むブラケット、強化設計、さらには素材にいたるまで、あらゆる点にアイデアを盛り込み、簡単さと強度を両立しています。

特許技術 KTブラケット

太さの異なるパイプをしっかりホールドするのがブラケットの役目です。ワンタッチ式タープではこの部分がスムーズに稼働しなければならず、尚且つ優れた強度も持っていなければなりません。何世代にもわたる改善の結果、特許技術を応用した「KTブラケット」が開発されました。これが、カンタンタープには活かされているのです。


カンタンフレーム構造と強化設計

「トラス構造」という、部材の節点を自由に回転するピンで接合し、三角形を基本にして組み合わされる構造様式を採用しています。永年にわたって改良を重ね、この構造を活かしつつ、柱を持って広げるだけのワンタッチフレームを完成させました。また、負荷の掛かりやすいフレームの接合部を強化プラスチックパーツで補強するなど、軽量化を図りながら剛性を高めています。


高強度スチールフレーム

フレームには、硬質鋼材フルハードスチール(SPCC-1)を採用しています。通常のスチールより硬度が高く、強度と耐久性も抜群です。一般的なアルミフレームで、この強度を作ろうとすれば、肉厚になってしまい重量も増してしまいます。同じ強度で比べればアルミよりも軽量な素材は、持ち運びも容易で、ハードな使い方をされる場合でも安心です。


こだわりポイント!日差しや雨をしっかり防ぎ、収納もらくらく

タープ本来の役目は、野外で日差しや雨を防ぐエリアを確保することにあります。カンタンタープは、この機能についても改善を重ねています。生地の厚さやカラーに至るまで、様々な点にこだわりをつぎ込んでいるのです。

プロテクトファブリック 天幕

ポリエステル150デニールの厚さを持つ天幕は、雨にも強く、強い日差しをカットします。採用されている生地にはピグメント加工を施すことでUVカット90%以上を実現しています。また、このファブリックにより、強力な防水性と撥水性を両立し、さらに縫い目をシームテープで補強するなど、水漏れ予防対策もされていますので、雨の日でも安心してお使いいただけます。
カラーはグリーンを採用していますが、これは紫外線遮蔽率が高く、室温の上昇を抑える働きがあるからです。目にも優しい色なので、使い込むほどに良さがおわかりいただけると思います。


らくらく収納ケース

持ち運びがらくになる便利な収納ケースが付属します。少々ラフに扱っても破れないオックスフォード420デニールを採用した、手提げ、肩掛けも可能な2WEY仕様です。


前へ  1  2  次へ